信州、安曇野、穂高、天然温泉、ご利用案内、くつろげる静かな宿をお探しの方へ




* ゲストハウスとは *








 当館がオープンした時はほとんど見かけなかったのですが、最近「ゲストハウス」という施設名称をよく目にします。その施設のほとんどが当館の内容とは異なることから、ゲストの方々が取り違えることのないよう「ゲストハウス」の本来の意味をご説明したいと思います。

 ここ数年「ゲストハウス」という名称を「安価な下宿・寄宿屋」「ユースホステル」などという意味で使われているものが多々見うけられ、安曇野でも、農業体験・交流を主な目的とした、プライバシーのない「農家民宿」をゲストハウスと称している施設もあります。日本はとかく外来語の本来の意味を変質させて使用する傾向があり、ゲストハウスもその一例と思われます。

 本来「ゲストハウス」とは「迎賓館」「食事を提供する宿」「高級下宿」という意味であり、大切なゲストをお迎えするため、プライバシーを保てるお部屋を御用意しつつ、館主や他のゲストと交流できるスペースも備える個人の館という定義がふさわしいと思われます。

 人は時により様々に異なる心模様を抱くものです。大勢の友人と賑やかに過ごしたいときもあれば、大切な人とゆっくり語らいたいときもあります。そして一人でゆっくり自分と向き合う時間を大切にされる方もいらっしゃるでしょう。(これはとても大切なことと考えられています。)

 ノーサイドは、「ゲストハウス」という言葉の本質を正しく受け継ぎ、人それぞれに異なる心模様を尊重しながら、交流を求めるゲストの方々には「一期一会」の出会いを大切に、心に残る楽しいひとときをお過ごしいただける宿とお考えくださればと存じます。


*ゲストハウス・ノーサイドはオープン時、安曇野市を住所に商号登記をしております。